アルコールはダイエットに悪い?

女性でも、アルコールが大好きな人いますね。 アルコールは、ストレスを和らげ食欲が増進する効果があります。 又、人間関係をスムーズにする効果もあります。

そんなアルコールですが、ダイエットには悪い影響があるのでしょうか。 俗にビール腹、お腹がポッコリ出た太り方をしているのを見るとやはり悪いのかなと思ってしまいます。

実際、お酒を飲むだけで太るのか、疑問ですね。 お酒は確かに高カロリーですが、それだけでそんなに太ることはまずないです。 気をつけたいのは、お酒といっしょに食べるつまみです。 お酒は気分リラックスさせ、食欲も増進させるのでお酒といっしょに高脂肪のつまみを食べるから太るのです。

実は、アルコールのカロリーは糖質や脂質よりも先に、熱として放出されるとされる性質をもっています。 お酒を飲んで顔が赤くなっているのは、その熱の放出のせいです。

つまり、お酒を飲んだことによって本来の脂肪の燃焼が妨げられてしまうのです。 又、肝臓で作られた中性脂肪が内臓にたまれば内臓脂肪、皮膚の下にたまれば皮下脂肪となることもダイエットには大敵です。

ダイエット中のストレス解消にもなりますので、適量ならアルコールを控える必要はありませんが、甘口の白ワイン、甘口の日本酒、甘いカクテルなどカロリーの多いお酒は控えた方がいいです。